デスクワークの肩こりには椅子や座り方が関係している!

デスクワークは肩こりが起こりやすく、これは座っていることで全身の筋肉が収縮しやすくなり、それにより血行不良が発生しやすくなるためです。ただし座り方によっては、その程度が左右されることも多いので、座り方を意識するのも非常に重要です。たとえば首を前に突き出すように姿勢です。このような姿勢を取っていると、まず首筋に余計な力がかかりがちになるため、血行不良が起こりやすくなってしまいます。また猫背にもなりやすいので、首から背中、更には腰にかけての筋肉、血行に影響が出てくる恐れも高くなってきてしまいます。それからまっすぐとした姿勢でなく、左右、どちらかに歪んだような姿勢です。このような姿勢でデスクワークをこなしていると、知らない間に骨盤が歪んでしまう恐れがあります。そうすると、やはり血行に影響が出てきて肩こりの程度が酷くなることも考えられます。また座り方だけでなく、椅子と机の高さが合っていない、自分の身長と見るべき画面の高さが合っていない場合も、肩こりが起こりやすくなるので要注意です。

 

サプリメントで血のめぐりをUPさせよう!

 

デスクワークによる肩こりを改善するためには、ひとつは座り方を見直す、椅子や机の高さを見直すことが効果的です。また筋肉の収縮、こわばりをほぐすために、適度に休憩を取るのもひとつの方法です。更にサプリメントにより血行不良に働きかけると言うのも、手軽に行うことができる改善策です。サプリメントは薬ではないので即効性は期待できませんが、飲み続けることで体に負担をかけることなく、血行を良くすることが期待できます。どのようなサプリメントが効果的かと言うと、まずはDHAやEPAです。これらは血行促進のほか、血管の健康維持にも効果的だと言われています。またショウガやヒハツ、イチョウ葉エキスなども血行促進や体の巡りに働きかける作用が期待できます。

 

 

デスクワークの肩こりに!人気サプリランキング!